MENU

浮気の慰謝料請求裁判に頼れる弁護士

浮気の決定的証拠を掴んだ後は、どのようにするかは人それぞれです。浮気をやめさせて生活を継続させるか、または裁判によって慰謝料の請求をするかです。

 

今のパートナーとの生活は考えられないとなると離婚をしての慰謝料の請求となりますが、慰謝料は裁判によって決められることが多いため、自分一人ではなく弁護士に依頼をして有利な条件で慰謝料の請求額を決めてもらうことになります。

 

このときに重要となるのが、弁護士の実力です。弁護士はどの案件であっても依頼者に有利になる内容で進められるわけではなく、人間である以上は得手不得手があります。浮気による離婚裁判の慰謝料請求は得意とする弁護士に依頼をしないと良い条件で進められないので、慰謝料の請求を考えている方は実績に注目をして弁護士を選ぶようにしましょう。

 

また、そもそも浮気の決定的な証拠を掴んでいない方は、弁護士への依頼の前に浮気の証拠を掴む必要があります。裁判で使えるような証拠となり得る現場写真などをおさえる必要があるので、専門としている浮気調査の探偵への依頼を進めるべきです。

 

探偵は費用がかかりますが離婚となればその分を含めた慰謝料の請求も可能となるため、まずは浮気の証拠をおさえるためにも探偵事務所で相談をしてみましょう。弁護士への依頼前に探偵での調査依頼をしておけばスムーズに進むため、無料相談が行える探偵事務所で話を聞いてみることをおすすめします。