MENU

債務整理で必要となる最低限の知識と情報

最近はTVCMでもよく見かけるようになった債務整理は、何となくは分かっていても具体的にどのようなものなのかは知られていません。借金の整理であるとは言葉を見れば分かるものですが、どういった手続きによって整理を行うのかは明確には知られていないのです。

 

そもそも債務整理とは大きく分けて自己破産、任意整理、個人再生、そして特定調停も含めた何れかの手続きを指します。この中で有名なのが自己破産で、借金が返せなくなると破産をして一旦借金をリセットするといったことで広く知られています。

 

しかし、自己破産は誰でも行えるものではなく、手続きにも時間や手間がかかります。裁判所を介す債務整理方法となるのである程度の専門知識も必要となり、個人で進めるにはどうしてもハードルが高いです。

 

同じく個人再生も自分一人で進めるのは難しく、比較的進めやすい任意整理はあくまで債権者との話し合いの任意による借金整理となるため、個人が行おうとしたところで債権者の合意が得られず、任意整理がうまくいかない場合もあります。

 

やはり債務整理を進めるなら頼れる弁護士への依頼を行っておくべきで、多くの解決事例を持つ弁護士であれば自身の状況に最も合った債務整理はどれかを判断してくれます。依頼をするとなればその後の手続きは丸投げできるので、債務整理に関する知識が多くない方でも安心です。

 

ただ、弁護士に債務整理の依頼を行うと費用がかかるため、相談時にはしっかりと確認をする必要があります。無料で相談ができる弁護士も増えているので、まずは債務整理の無料相談を得意とする弁護士のもとで進め、どのようにすべきかの話を聞いてみましょう。