MENU

パチンコの借金も手続き次第で整理ができる

パチンコなどのギャンブルや浪費が原因となる借金は、多く広く知られているように自己破産による解決が行えません。あくまで止むを得ない借金のみが自己破産の対象となるので、パチンコによる借金は払えなくなったからといって自己破産でどうにかするといったことはできません。

 

とは言っても払えないものはどうすれば良いのかと考えてしまうものですが、パチンコが原因の借金であっても自己破産以外の方法であれば解決をし、借金を終わらせることが可能です。その代表的な方法が任意整理です。

 

任意整理とは債権者との任意の話し合いによる借金の減額を行う手続きで、裁判所は利用しないためにあくまで任意での債務整理法となります。債権者が応じてくれなければそれまでですが、任意整理に強い弁護士に依頼をして進めてもらうのであれば、ほとんどの場合には任意整理はうまくいきます。

 

任意整理を行うと完済までの利息がストップし、今までに支払った利息から借金の減額も期待ができるようになります。ただ、任意整理による話し合い中は一時的に返済が止まるため、信用情報機関にはブラック情報としての記載がされてしまうのがデメリットとなります。

 

ただ、借金が払えずにそのままにしていても同じように長期間の返済の滞納となるため、信用情報におけるデメリットは任意整理を行うにも長期の返済の滞納になるも同じです。それであれば今後の借金返済が楽になる任意整理でパチンコの借金から抜け出すことを考えてみるべきでしょう。