MENU

交通事故の示談をうまく進めるなら考えてみること

交通事故の被害に遭った方は、事故の規模にもよりますが示談によって損害賠償の請求をする場合が多いです。相手側の保険会社と示談を進め、怪我の治療にかかったお金や破損した物品の修理費、そして慰謝料の請求を行います。

 

治療費や修理費は事故との関係が明らかにできれば決まった金額が得られますが、慰謝料に関してはそうはいきません。慰謝料は交通事故で負った怪我が与える影響などをお金に換算するものとなるため、交渉の仕方によっては金額が数十倍もそれ以上も変わる場合があります。

 

保険会社としては保険金はなるべく払いたくないため、治療費や修理費は仕方ないとしても、慰謝料に関しては極力少なくするように示談を進めてきます。事故の状況から似た事例を持ち出し、そのときの慰謝料をもとにして支払う金額を一方的に決めてきますが、保険会社が提示する事例はほぼ全てが保険会社側にとって有利になるものなので信用をしてはいけません。

 

交通事故の慰謝料を満足に獲得するなら保険会社の提示する示談内容では納得をしないようにし、被害者側でもできる限りのことはすべきです。そのうちの最も効果的で手っ取り早いのが、交通事故に強い弁護士への相談と依頼です。

 

交通事故に強い弁護士に依頼を行うと、保険会社が提示していた示談内容よりも遥かに被害者側が有利になる場合があり、慰謝料の金額もより多く獲得できるようになります。最近では交通事故に遭った際に交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼する方も増えてきているので、何も珍しいことではなくなってきています。

 

被害者側が損をしないためにも交通事故に強い弁護士に相談、場合によっては示談の依頼を行い、本来あるべき慰謝料の請求をすべきでしょう。